電磁結合給電可変アンテナ

開放特許情報番号
L2010001010
開放特許情報登録日
2010/2/12
最新更新日
2015/8/20

基本情報

出願番号 特願2008-138356
出願日 2008/5/27
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2009-290326
公開日 2009/12/10
登録番号 特許第5071904号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 電磁結合給電可変アンテナ
技術分野 情報・通信、電気・電子、その他
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、その他
適用製品 情報通信機器、アンテナ
目的 この発明は、周波数特性あるいは指向性を容易に変更可能なアンテナを提供する。
効果 この発明の電磁結合給電可能アンテナを用いることによって、周波数帯や指向特性を容易に変更できるようになるので、移動体無線通信におけるマルチパスフェージングや混信による通信品質の悪化を容易に抑制することができる。
技術概要
通信の発展に伴い様々な通信サービスが出現しており、その様々な機能を実現するアンテナ技術として、小型、軽量、低コスト、低消費電力の可変指向性アンテナが検討されている。しかし、現状では、10dBiを越えるような高利得アンテナは実現されていない。 この発明の電磁結合給電可変アンテナは、少なくとも1つのアンテナ素子を含むサブアレーアンテナを複数配置したアンテナで構成される。上記アンテナ素子の少なくとも1つは、予め決められた周波数の電波に対して、有効になる状態と透明になる状態とを切換えるアンテナ機能切換え手段を備えた切換え手段付アンテナ素子である。また少なくとも1つのサブアレーアンテナに備えられた切換え手段付きアンテナ素子の1つに、電磁結合によって給電する共通の給電電極を備えている。さらに複数のサブアレーアンテナから1つを選択して、上記周波数の電波に対して有効である状態にし、他のサブアレーアンテナは透明である状態にする制御器を備えたものである。また、給電電極の共振周波数は、上記の周波数とは異なるようにしておく事で、給電電極のアンテナ特性への擾乱を防いでいる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT