水素充填システムの水素用熱交換器

開放特許情報番号
L2010000888
開放特許情報登録日
2010/2/5
最新更新日
2011/5/27

基本情報

出願番号 特願2009-231123
出願日 2009/10/5
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2011-080495
公開日 2011/4/21
発明の名称 水素充填システムの水素用熱交換器
技術分野 電気・電子、機械・加工
機能 機械・部品の製造、加熱・冷却、加圧・減圧
適用製品 水素を燃料とする自動車、エコカー、水素ステーション、水素充填速度、伝熱性能
目的 冷媒側の供給路圧力を水素側の供給路圧力と同程度まで昇圧することにより、水素の供給路と冷媒の供給路の境界の伝熱管の肉厚を薄くすることで伝熱効果を高め、小型化した水素充填システムの水素用熱交換器、また、冷媒側の圧力を水素側と同程度まで昇圧することにより、伝熱管の肉厚を薄くすることで流路の長さを短くし伝熱速度を早くし、水素圧力損失を低減した水素充填システムの水素用熱交換器の提供。
効果 水素の供給路側の圧力と、冷媒の供給路側の圧力とを同程度に昇圧させた高圧の供給路の構成としたことにより、水素側と冷媒側の供給路の境界の管壁肉厚を薄くできるようになり、供給路の長さを短くすることができ、伝熱抵抗を低減し、水素圧力損失も低減する。この結果、熱交換時の伝熱効果の向上した装置となり、冷却時間が短縮され冷却効果を高め、装置を小型化することができる。
技術概要
この技術では、水素充填システムの水素用熱交換器は、水素を高圧貯蔵した圧力容器と、圧力容器と相対的に移動可能に設けられ、圧力容器から水素を充填される可搬用圧力容器と、圧力容器側に設けられ、圧力容器から可搬用圧力容器に水素を充填するための水素充填装置と、水素充填装置に付随して設けられ水素を冷却するため熱交換器を有する冷却装置とからなる水素充填システムにおいて、冷却装置の熱交換器は、圧力容器から水素充填装置へ高圧水素を供給する水素供給路を有する水素供給路と、水素供給体の外周又は内部に設けられ水素と略同圧力の冷媒を昇圧装置を介して供給する冷媒供給路を有する冷媒供給路とで構成される。水素供給路と冷媒供給路の境界部分の供給路体の肉厚は、水素供給路又は冷媒供給路の外管の肉厚よりも相対的に薄い肉厚構成になっているとする。可搬用圧力容器は、車両に搭載されるものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT