緑茶抽出物の原料茶品種の鑑定方法

開放特許情報番号
L2010000754
開放特許情報登録日
2010/1/29
最新更新日
2013/9/5

基本情報

出願番号 特願2008-173529
出願日 2008/7/2
出願人 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2010-011764
公開日 2010/1/21
発明の名称 緑茶抽出物の原料茶品種の鑑定方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 緑茶抽出物の原料茶品種(やぶきた、ゆたかみどり、かなやみどり、さやまかおり、おくみどり、あさつゆ、やまかい、やまとみどり、おおいわせ、さやまみどり、めいりょく、おくひかり、さえみどり、さみどり、やまなみ、べにふうき)の識別方法とその識別用キット
目的 緑茶抽出物の原料茶品種を識別する方法、及び緑茶抽出物の原料茶品種識別用キットを提供する。
効果 本発明によれば、緑茶飲料等の緑茶抽出物中にごく微量にしか含まれないDNAを鋳型として、原料茶品種の識別が可能なマーカーを高感度に核酸増幅することができる。
技術概要
 
所定の塩基配列を有するマーカーTMSLA10、TMSLA13、TMSLA17、TMSLA37の増幅用プライマーセットのうち少なくとも1つのプライマーセットと、マーカーTMSLA55及びSSR−1の増幅用プライマーセットのうち少なくとも一方のプライマーセットとを用いて緑茶抽出物由来DNAを鋳型として核酸増幅を行い、さらにマーカーSSR−1の増幅用プライマーセットを用いて得られた増幅断片についてはそれを鋳型としてさらに所定の塩基配列を有するマーカーSSR−1の増幅用プライマーセットを用いて核酸増幅を行い、そして各プライマーセットによる核酸増幅パターンに基づいて茶品種を識別する緑茶抽出物の原料茶品種の識別方法である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT