微小液滴調製装置

開放特許情報番号
L2010000154
開放特許情報登録日
2010/1/15
最新更新日
2014/4/28

基本情報

出願番号 特願2010-505672
出願日 2009/3/24
出願人 国立大学法人 岡山大学
公開番号 WO2009/119578
公開日 2009/10/1
登録番号 特許第5470642号
特許権者 国立大学法人 岡山大学
発明の名称 微小液滴調製装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 マイクロリアクター、マイクロ流路分岐乳化法
目的 マイクロリアクターにシンプルな改良を加えることで、構造が単純で、且つ長期間に渡って安定な単分散液滴が調製可能な微小液滴調製装置の提供。
効果 本技術の微小液滴調製装置によれば、液滴の流路壁面への付着を防ぎ、長期間に渡って安定に単分散液滴を調製することができる。又、粘度や疎水性の高い成分を持つ分散相でも乳化が可能となる。さらに、微小液滴調製装置の流路壁面に対して表面処理を施さず、半永久的に安定な乳化を実現できる。
技術概要
この技術では、複数の基板を積層して流体が流れる流路を形成し、連続相となる流体が分散相となる流体を剪断することによって液滴を調製するマイクロリアクターにおいて、連続相と分散相の各流体が流れる流路と各流路が合流する合流部とが開口形成された流路基板と、流路基板の両方または一方の面に接合され、流路基板の合流部に対して鉛直方向の一方に所定の空間を有するスペース部を形成するスペーサー基板と、流路基板の両方の面にスペーサー基板を各々接合し、または、流路基板の一方の面にスペーサー基板を接合して、その両外側から接合して閉塞する蓋基板と、を一体的に積層した。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT