対話システム、対話ロボット、プログラム及び記録媒体

開放特許情報番号
L2010000098
開放特許情報登録日
2010/1/15
最新更新日
2017/12/27

基本情報

出願番号 特願2006-510592
出願日 2004/3/8
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 WO2005/086051
公開日 2005/9/15
登録番号 特許第4370410号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 対話システム、対話ロボット、プログラム及び記録媒体
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 対話システム
目的 生活支援ロボットシステムのユーザインタフェースとして、ユーザの曖昧な要求をより正確に受け取ってシステムの制御に反映させ、またシステムの制御状況をより的確に理解してもらえるように、ユーザにとって有用なサービスや情報を提供できるような対話ロボット、および前記対話ロボットを用いた対話システムの実現を目的とする。
効果 生活支援ロボットシステムと対話ロボットとが協働する、高度な状況対応能力を備えた対話システムを実現する。 また、対話システムのユーザインタフェースを、ユーザが実体として認識できるビジブル型の対話ロボットによって実現することによりユーザフレンドリーなインタフェースを実現する。
技術概要
この技術は、生活支援ロボットシステムと対話ロボットとを備えた対話システムに関する。 対話ロボットは、生活支援ロボットシステムの分散環境行動データベースに蓄積された生活空間の環境やユーザの行動の情報を取得し、環境や行動情報からユーザの状況を分析する。 対話戦略データベースに蓄積された概念の連想関係を示す連想情報をもとに音声認識されたユーザの会話の文脈を分析する。 状況および会話の文脈から実行するサービスを選択する。 さらに会話文脈から「連想しりとり」した表現の発話データを発話しユーザの会話に参加する。 発話データに対するユーザの返事の文脈から、ユーザの対話引き込みが成功したと判断した場合に、選択したサービスの実行要求を生活支援ロボットシステムへ送信する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT