情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム

開放特許情報番号
L2009006945
開放特許情報登録日
2009/12/11
最新更新日
2015/6/18

基本情報

出願番号 特願2008-092018
出願日 2008/3/31
出願人 独立行政法人理化学研究所
公開番号 特開2009-245236
公開日 2009/10/22
登録番号 特許第5246751号
特許権者 国立研究開発法人理化学研究所
発明の名称 情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 情報処理装置
目的 より多くの時系列パターンを学習し、予測できるようにする方法を提供する。
効果 より多くの時系列パターンを学習、予測することができる。
技術概要
取得されたデータを、グループ毎に、1峰性の確率分布のより高次元のデータに変換する高次元変換部と、高次元のデータから重み付け係数に基づいて、グループ毎に合計が1になるように予測値を演算するリカレントニューラルネットワークとを備える情報処理装置である。高次元変換部は、トポロジープリザービングマップにより変換を行う。リカレントニューラルネットワークは、ソフトマックス関数を用いて合計が1になるように予測値を演算する。変換部12が、ロボット2から取得されたモーター81に関する8次元のデータm↓tと視覚センサー82に関する2次元のデータS↓tを、グループ毎に、1峰性の確率分布のより高次元のモーター81に関する64次元のデータX↓i(t)と視覚センサー82に関する36次元のデータX↓i(t)に変換する。リカレントニューラルネットワーク11が、高次元のデータX↓i(t)から重み付け係数に基づいて、グループ毎に合計が1になるように、モーター81に関する64次元の予測値Y↓i(t)と視覚センサー82に関する36次元の予測値Y↓i(t)を演算する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 実施許諾の可否・条件に関する最新の情報は、(独)理化学研究所連携推進部 知財創出・活用課までお問合せ下さい。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT