屋根部を上下できる車の製造方法

開放特許情報番号
L2009006916
開放特許情報登録日
2009/12/11
最新更新日
2009/12/11

基本情報

出願番号 特願2008-005299
出願日 2008/1/15
出願人 岡本 眞一
公開番号 特開2009-166580
公開日 2009/7/30
発明の名称 屋根部を上下できる車の製造方法
技術分野 輸送、機械・加工、生活・文化
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造、安全・福祉対策
適用製品 自動車
目的 屋根部が上下可能な車において、屋根部が上がった時の開口部を覆うシート部分の断熱性や遮音性などを改良すると同時に、簡単な構成で車の屋根部を上下可能にする方法を提供すること。
効果 断熱性、遮音性などが著しく改良され屋根部が上がった時に極めて快適な車内空間となり、また簡単な構成で屋根部を上下できるなどの効果を奏する。
技術概要
 
屋根部が上がった時の開口部を覆うシートを複数枚にすると同時に、このシートの間にエアーを封入し管理された厚みの壁を形成させることや遮音シートを採用することによって断熱性や遮音性を保持させ、またポンプによるエアー圧を屋根部上下の作動力にする手段を採用した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
対価条件(ランニング) 【要】 

アピール情報

アピール内容 狭い車の室内空間を著しく広げると同時に、断熱性や遮音性も保持でき、極めて快適な空間を低燃費(低費用)で実現できる。
出展実績 なし

登録者情報

登録者名称 岡本 眞一

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT