カプセル化細胞の移植による神経疾患治療

開放特許情報番号
L2009006894
開放特許情報登録日
2009/12/4
最新更新日
2015/9/29

基本情報

出願番号 特願2009-196185
出願日 2009/8/27
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2011-005222
公開日 2011/1/13
登録番号 特許第5672590号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 カプセル化細胞の移植による神経疾患治療
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 神経細胞移植用カプセル、神経細胞移植用キット、神経細胞移植治療
目的 欠落した神経細胞の代替となる神経細胞を移植して既存の神経細胞との間に新たな神経細胞ネットワークを構築するための神経細胞移植治療を可能にする方法であって、神経細胞の移植の際に問題となる、免疫拒絶反応、移植細胞の腫瘍化の懸念と共に、移植神経細胞とホストの神経細胞とのコネクション形成を解決する方法の提供。
効果 この技術では、移植細胞をカプセルに封入して免疫拒絶反応から保護しながらも、ホストの神経細胞と移植神経細胞のコネクション形成が可能となることから、細胞移植により神経細胞ネットワーク再生治療の効果が期待でき、移植神経細胞がホストの神経細胞からの刺激に応答することが求められる種々の神経疾患への適用が考えられる。
技術概要
 
この技術では、移植用神経細胞と共に、軸索を引き寄せる活性を持つ生理活性物質が封入されたカプセルであって、カプセル表面には0.4μm〜5μmの大きさの孔が複数個設けられていることを特徴とする、神経細胞移植用カプセルを提供する。カプセル内には、さらに、細胞の足場となる細胞外マトリックス又は合成高分子化合物が封入されているものとする。カプセル内には、さらに、生理活性物質と相互作用しその放出挙動を制御する成分が封入されるものとする。カプセルの表面が、細胞外マトリックス成分、又は正もしくは負の電荷を有する高分子化合物で被覆されているものとする。また、このような神経細胞移植用カプセルを含むことを特徴とする、神経細胞移植用キットを提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT