物体認識装置および物体認識方法

開放特許情報番号
L2009006890
開放特許情報登録日
2009/12/4
最新更新日
2015/9/29

基本情報

出願番号 特願2009-192509
出願日 2009/8/21
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2011-044046
公開日 2011/3/3
登録番号 特許第5229912号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 物体認識装置および物体認識方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、安全・福祉対策、材料・素材の製造
適用製品 移動型ロボットに搭載されて日常生活空間内の物体を認識した認識処理の認識結果を検証することができる物体認識装置および物体認識方法として広く利用される。
目的 センサのノイズによる物体の形状の誤認識を防止しつつ対象物を認識し、精度を向上することができる物体認識装置および物体認識方法を提供する。
効果 識別対象の物体の物理特性による物理的な制約条件が反映されて確実に物体認識処理を行うことができると共に、センサのノイズによる物体の形状の誤認識を防止しつつ対象物を認識し、その精度を向上することができる。
技術概要
データベースに記憶されている物体情報及び環境情報のデータを参照して、撮像手段により出力された画像情報から識別対象の物体及び環境を認識して環境における物体の位置・姿勢を識別する物体認識手段と、識別された物体の物体情報および環境情報から、データベースに記憶された物体情報の物理特性を取り出して環境中の物体の移動に対する物理シミュレーションを行う物理シミュレーション手段と、物理シミュレーションの結果により物体と環境中の物体との距離に基づいて干渉のチェックを行うと共に、物理シミュレーションにより物体が物理的な拘束に基づいた物体の移動の予測位置を出力するシミュレーション比較手段と、出力された物体の移動の予測位置が識別された物体との干渉のチェックによって物理的な拘束の矛盾が生じるか否かを判定して出力する判定出力手段を備える、物体認識装置1である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT