光信号波形計測装置

開放特許情報番号
L2009006880
開放特許情報登録日
2009/12/4
最新更新日
2015/9/29

基本情報

出願番号 特願2009-189934
出願日 2009/8/19
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2011-043344
公開日 2011/3/3
登録番号 特許第5366139号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 光信号波形計測装置
技術分野 情報・通信、電気・電子、無機材料
機能 検査・検出
適用製品 光ファイバ通信システムにおける光信号の電界振幅と位相の波形を計測する光信号波形計測装置として広く利用される。
目的 複雑な制御を不要とし、フォトダイオードの応答時間の制限を受けることなく、ホモダイン干渉に寄与しない光強度成分を除去し、チャンネル間のスキューを格段に低減するホモダイン検波による光信号波形計測装置を提供する。
効果 光波の振幅、位相変調を利用する光ファイバ通信システムにおける種々の光デバイス、機器、システムの精密な評価が可能になり、光通信ネットワークの性能向上に寄与する。
技術概要
単一周波数レーザ光源1と、第1の光方向性結合器2と、被測定デバイス3と、位相変調器4と、第2の光方向性結合器からなるホモダイン干渉計において、単一周波数レーザ光源の出力を、第1の光方向性結合器により2分岐して、被測定デバイスを透過した光を信号光とし、位相変調器を透過した光を局部発振光とし、信号光と局部発振光を、第2の光方向性結合器により合流し、第2の光方向性結合器から出力される干渉信号強度を、光サンプリングオシロスコープ5に入力して、信号光の電界波形を計測する、光信号波形計測装置である。尚、光信号波形計測装置において、周波数f↓Cの基準クロック信号を光サンプリングオシロスコープのトリガ信号とし、基準クロック信号に同期した電気的、または光学的変調を被測定デバイスに与えて、信号光を変調する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT