材料切断方法

開放特許情報番号
L2009006450
開放特許情報登録日
2009/11/13
最新更新日
2016/9/12

基本情報

出願番号 特願2002-112801
出願日 2002/4/16
出願人 山陽特殊製鋼株式会社
公開番号 特開2003-311313
公開日 2003/11/5
登録番号 特許第4302358号
特許権者 山陽特殊製鋼株式会社
発明の名称 圧延材切断方法
技術分野 金属材料、機械・加工、無機材料
機能 材料・素材の製造、鋳造・鍛造、加熱・冷却
適用製品 棒鋼の切断
目的 棒鋼切断欠陥品の最終製品への混入防止
効果 シャー切断クロップ代とフライングシャークロップ代を長さで区分して切断が可能
技術概要
 
圧延フィッシュテール切断長さとフライングシャーに起因するせん断変形部長さを、区分し欠陥がコールドシャー切断品に混入しない最も短く成るように、ストッパー位置を変える
実施実績 【有】  社内で使用中
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 非独占的通常実施権

登録者情報

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【否】
特殊仕様の提供 【否】

事業化情報

質的条件
事業化実績 【有】社内、圧延工場内で使用中

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT