電子メールを用いた工事現場の写真転送システムおよび写真撮影ワークシート

開放特許情報番号
L2009006447
開放特許情報登録日
2009/11/13
最新更新日
2009/11/13

基本情報

出願番号 特願2008-078540
出願日 2008/3/25
出願人 日本振興株式会社
公開番号 特開2009-230696
公開日 2009/10/8
発明の名称 電子メールを用いた工事現場の写真転送システムおよび写真撮影ワークシート
技術分野 情報・通信、土木・建築
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 写真転送システム
目的 建設業や建築業は、施主である民間企業や官公庁等から一連の工事を受注した場合、その工事の進捗にしたがって、進捗状況や完成状態をデジタル写真で施主に報告している。 この写真の仕訳などの整理作業を短時間でミスなく、効率よく行え、電子メールを用いて写真を転送できるシステムの提供を目的とする。
効果 撮影後の整理、編集の作業効率化を図ることができるため、人手の介入機会を減らせることができ、受信してから電子納品までの時間の短縮化を図ることができる。 また、このシステムは、カメラ付き携帯電話などの機能をそのまま利用できる構成であるため、簡易にシステムを構築できる。
技術概要
写真転送システムは、写真撮影ワークシート、携帯端末、通信ネットワーク上に設置されたメールサーバで構成されている。 写真撮影ワークシートは、工事現場で撮影される写真に関する管理情報(写真分類、写真区分、工種など)を登録したバーコード表記およびその管理情報に対応させた解説情報の文字表記を組み合わせて記されている。 携帯端末は、バーコード読取解読機能、電子メール送信機能、デジタルカメラ撮影機能を持ち、カメラ付き携帯電話の機能を利用することができる。 携帯端末は、撮影した現場写真と、写真撮影ワークシートのバーコード表記をデジタルカメラで撮影し読取解読した管理情報とを、電子メールの送信情報に割り付ける。そして、メールサーバを通じ、所定の送信先メールアドレスを指定して送信する。 このように、カメラ付き携帯端末で撮影した現場写真と、写真撮影ワークシートに表記されたバーコードを読取解読して得た管理情報とを、所定の送信先に電子メールで転送する構成となっている。 送信先装置で受信した時点で、写真と管理情報とが関連付けされているため、プログラムなどで仕訳作業を行うだけで施主への報告の準備を完了させることができる。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 日本振興株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT