無線端末

開放特許情報番号
L2009006401
開放特許情報登録日
2009/11/13
最新更新日
2010/5/7

基本情報

出願番号 特願2007-054930
出願日 2007/3/5
出願人 国立大学法人電気通信大学
公開番号 特開2008-219526
公開日 2008/9/18
発明の名称 無線端末
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 無線端末
目的 メッシュネットワークで高効率のアクセスネットワークを達成するためのタイミング同期とホップ数判定を行うことのできる無線装置を提供する。
効果 ゲートウェイ用ノードや中継ノードにアンテナを複数設置し、複数の信号を同時に受信することにより、ゲートウェイ用ノード付近の輻輳軽減を図ることができる。
技術概要
有線ネットワークなど外部ネットワークにつながるゲートウェイを備えたメッシュネットワークにおいて、ゲートウェイから同期用信号を送ることで周囲の端末のタイミング同期を取り、その同期タイミングに合わせて同期用信号を受信端末からネットワーク内に中継することにより広い範囲の同期を取得する。 この技術はゲートウェイから同期用の既知信号をあて先の指定をせずに送信(ブロードキャスト)する。次にこの同期用信号を受信した端末はゲートウェイから送信された信号により取られた同期タイミングを用いて、周囲に同期用信号をブロードキャストする。これを繰り返し、ツリー全体の同期タイミングを合わせる。 ポイントは同期信号中継端末が中継する際に周囲の端末と同時に同期信号をブロードキャストするところにある。ブロードキャストを同時に行うため、ゲートウェイがトリガーとなる同期制御信号を毎回送信し、複数端末の送信タイミングの僅かな差に対する耐性の強いOFDM信号もしくはスペクトル拡散信号を利用する。 また、中継時に同期信号に記載されるゲートウェイからのホップ数を利用して、同期用信号を受信した無線機がゲートウェイから何ホップ目に存在するのかを把握する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT