設備機器の取り付け・取り外し手動補助昇降装置

開放特許情報番号
L2009006247
開放特許情報登録日
2009/11/6
最新更新日
2012/10/18

基本情報

出願番号 特願2006-279287
出願日 2006/10/12
出願人 斉藤 正紀
公開番号 特開2008-094569
公開日 2008/4/24
登録番号 特許第5077920号
特許権者 斉藤 正紀
発明の名称 設備機器の取り付け・取り外し手動補助昇降装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 設備機器の取り付け・取り外し手動補助昇降装置
目的 空調機器を上昇させ又は降下させて当該設備機器を天井に取り付け又は天井から取り外す際に、人手を補助して手動により空調機器を上げ下げして取り付け・取り外しができるようにする装置を提供する。
効果 大掛かりな昇降装置が必要なく、設備機器の取り付け・取り外しを一人の人間が手動で行うことができる。この装置は、巻尺様の小型、薄型の装置に構成され、天井のパネル等における狭い隙間でも作業が可能である。
技術概要
空調機器などの設備機器を上昇させ又は降下させて当該設備機器を天井などに取り付け又は取り外すことができる設備機器の取り付け・取り外し手動補助昇降装置Xである。巻回テープ200を必要に応じて引き出し、又、手を離すと自動的に巻き戻されるテープ機構2と、テープ機構2と連動してテープ機構における巻回テープを引き出しするとテープの引き出し方向に共に回転し、又、巻回テープから手を離すと巻回テープが自動的に巻き戻される方向に共に回転することができると共に、ロック部301を有してなるロック・回転機構と、ロック・回転機構におけるロック部との間でロック操作を行い設備機器を任意の上昇又は降下位置で停止させることができるロック部4000を有すると共に、停止位置を除いてロック・回転機構におけるロック部との間でのロック操作が行なわれないようにするロック回避部403とを有してなるロック機構4とを備えてなる。緊急時にロック・回転機構に作用してロック操作を行い設備機器の上昇又は降下を停止させることができる緊急時停止安全機構を備えてなる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 斉藤 正紀

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT