高温酢酸発酵酢酸菌

開放特許情報番号
L2009006208
開放特許情報登録日
2009/11/6
最新更新日
2014/4/28

基本情報

出願番号 特願2008-287703
出願日 2008/11/10
出願人 国立大学法人山口大学
公開番号 特開2010-110298
公開日 2010/5/20
登録番号 特許第5470807号
特許権者 国立大学法人山口大学
発明の名称 高温酢酸発酵酢酸菌
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 発酵工業分野。特に工業的な酢酸の発酵生産
目的 酢酸菌は食酢の醸造に用いられる細菌であり、工業的にはエタノールを原料に、酢の原料となる酢酸を発酵により生産している。通常用いられる菌種はAcetobcter属の酢酸菌であるが、中温菌であるこれらの細菌は温度上昇に弱く、30℃以上では発酵効率が急激に低下するという問題があった。更に発酵の反応過程でも熱を生じるため、この問題の解決のためには、発酵槽に冷却器などを取り付け、厳密な温度管理をする必要があった。
効果 本発明の提供する菌株を用いることで、通常の発酵条件よりも10−15℃高い温度での酢酸の発酵生産が可能となり、これは冷却コストの大幅な削減につながると期待される。更に本発明の菌株は、いわゆる遺伝子組み換えを用いておらず、現行の食用酢の醸造用としても活用可能である。
技術概要
 
本発明は、高温条件下での培養というスクリーニングにより、39−41℃という酢酸菌にとって過酷な条件下でも効率的な酢酸発酵が可能な菌株及びこれらの菌株を用いた酢酸の製造方法を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT