プレストレスト木橋

開放特許情報番号
L2009006183 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2009/10/30
最新更新日
2011/4/1

基本情報

出願番号 特願2001-257284
出願日 2001/8/28
出願人 本間 邦夫
公開番号 特開2003-064619
公開日 2003/3/5
登録番号 特許第4160281号
特許権者 本間 邦夫
発明の名称 プレストレスト木橋
技術分野 土木・建築
機能 その他
適用製品 建築物の梁
目的 木製主桁ブロックと横桁を鋼材等の引張材によるプレストレストで一体化すること。
効果 主桁にかかる集中荷重の分散が容易となり、橋としての剛性が向上するほか、橋としての設計・施工が合理化される。
技術概要
木の主桁ブロックの内部の上下に引張材を挿通し、主桁ブロックの木口を嵌挿した横桁に、主桁ブロックを挿通した引張材の連通孔を設けて挿通する。挿通した引張材端を両端に位置した横桁に緊張して定着する。 横桁を通し一本の構造とすることで、並列する木の主桁ブロックの一体化がなり、横桁で受ける集中荷重の主桁ブロックへの分散がなされる。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 本間 邦夫

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT