地熱収集ブロック及び杭並びに地熱利用システム

開放特許情報番号
L2009005731
開放特許情報登録日
2009/10/9
最新更新日
2011/7/29

基本情報

出願番号 特願2007-271611
出願日 2007/10/18
出願人 竹田 淳子
公開番号 特開2009-097831
公開日 2009/5/7
発明の名称 地熱収集ブロック及び杭並びに地熱利用システム
技術分野 土木・建築、生活・文化、機械・加工
機能 加熱・冷却、環境・リサイクル対策、機械・部品の製造
適用製品 地熱利用システム
目的 地中の深層の地熱を融雪や暖房の熱源として、経済的、合理的に利用する技術を提供する。
効果 水を間歇的に利用しても、地中の深層の地熱を合理的に利用することができる。また、その設備は経済的である。
技術概要
この技術は、地中に埋設したコンクリート杭によって地熱を収集して、融雪や暖房の熱源として利用するものである。 従来より、地中に埋設される杭状のコンクリートブロックに水を循環する配管を設けることによって地熱を収集する技術が提案されている。 この技術は、一本の又は長手方向に接続した複数本の杭状のコンクリートブロック内に、杭の長手方向に細長い長尺容器を形成して、この長尺容器内に貯留した水にコンクリート躯体を通して地熱を伝熱し、地熱によって暖められ又は冷やされたた水を間歇的に使用ないし循環させる。 杭内に貯留される水の量を多くでき、ブロックを接続することによって、杭を地中深くまで打ち込むことができる。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT