ブタの育種選抜に有能なブタの遺伝的能力のうち筋肉中脂肪蓄積能力の評価方法

開放特許情報番号
L2009005700
開放特許情報登録日
2009/10/2
最新更新日
2015/8/4

基本情報

出願番号 特願2008-062552
出願日 2008/3/12
出願人 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2009-213435
公開日 2009/9/24
登録番号 特許第4776037号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 遺伝情報によりブタ筋肉中脂肪蓄積能力を評価する方法
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 ブタの筋肉中脂肪蓄積能力を評価する方法、多型部位における塩基種がAまたはGであるポリヌクレオチドまたはその相補鎖、多型部位を含むDNAを増幅するためのプライマー、ブタの筋肉中脂肪蓄積能力の評価用試薬、塩基種がAまたはGであるDNAを含む遺伝マーカー
目的 ブタTubby遺伝子第5エクソンに存在する多型を利用したブタ筋肉中脂肪の蓄積能力の評価方法を提供する。
効果 本発明によれば、ブタTubby遺伝子第5エクソンの塩基配列情報を用いることによりブタ生体の毛数本の毛根部分からDNAを抽出し、群の中から筋肉中脂肪量を高くする能力を保持している個体を選抜することができ、高脂肪系統あるいは低脂肪系統を造成することができる。または系統造成のための種豚の選抜に用いることができる。
技術概要
 
ブタTubby遺伝子について、ブタ個体間の塩基配列の異なりと筋肉中脂肪含量の関係を解析した結果、Tubby遺伝子のエクソン部分の多型と筋肉中脂肪量が統計的に有意な関係にあることを得て、ブタTubby遺伝子の第5エクソンの55番目の多型の塩基種を決定することにより、ブタの筋肉中脂肪蓄積能力を評価する方法である。なお、遺伝子型がA/Aである場合に被検ブタの筋肉中脂肪蓄積能力が高脂肪型であるものと判定し、G/Gである場合に筋肉中脂肪蓄積能力が低脂肪型であるものと判定する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT