油脂に含まれるトリグリセリド(TG)とメタノールとを反応させてエステル交換により脂肪酸メチルエステル(FAME)とするバイオディーゼル燃料の製造方法

開放特許情報番号
L2009005693
開放特許情報登録日
2009/10/2
最新更新日
2015/8/3

基本情報

出願番号 特願2008-038471
出願日 2008/2/20
出願人 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2009-197081
公開日 2009/9/3
登録番号 特許第5397876号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 バイオディーゼル燃料の製造方法
技術分野 化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造、加熱・冷却、環境・リサイクル対策
適用製品 脂肪酸メチルエステルを得るバイオディーゼル燃料の製造方法
目的 無触媒法の欠点とされた反応速度の遅さを改善し、工業的に採算が合うバイオディーゼル燃料の製造方法を提供する。
効果 本発明によれば、無触媒法の欠点とされた反応速度の遅さを改善し工業的に採算が合う方法が得られ、また原料としては季節性がなく安価で容易に入手できるもの、例えば油脂の精製工程で排出される遊離脂肪酸、廃食用油またはジャトロファなどを使用できる。
技術概要
 
油脂にメタノール蒸気を供給し無触媒でメチルエステル化反応を起こさせて脂肪酸メチルエステルを得るバイオディーゼル燃料の製造方法において、油脂として反応促進物質であり、それ自体が反応性の高い遊離脂肪酸(FFA)の含有量を2.24mass%以上(好ましくは50mass%以上)とし、或いは反応阻害物質であり、それ自体が脂肪酸メチルエステルに変換されづらいモノグリセリド(MG)の含有量を3.8mass%未満(好ましくは0.98mass%以下)とした原料を用いる。なお、遊離脂肪酸(FFA)としてパルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸、リノール酸またはリノレン酸を用い、遊離脂肪酸(FFA)を含有する原料は油脂の精製工程で排出される遊離脂肪酸、廃食用油またはジャトロファ(Jatropha curcas L. )から得る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】  アメリカ合衆国、ヨーロッパ、オーストラリア
Copyright © 2018 INPIT