エコトイレシステム

開放特許情報番号
L2009005442 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けますこの特許が掲載されている活用例集をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2009/9/18
最新更新日
2011/4/8

基本情報

出願番号 特願2000-246063
出願日 2000/7/10
出願人 スタック工業株式会社
公開番号 特開2002-021147
公開日 2002/1/23
登録番号 特許第4216448号
特許権者 スタック工業株式会社
発明の名称 シャワー方式のアキュームレータを備えた水洗トイレ
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、洗浄・除去、環境・リサイクル対策
適用製品 水洗トイレ、節水トイレ、災害時トイレ、仮設トイレ、電車・バスのトイレ
目的 水道水の水圧と本発明のアキュームレータの圧とにより汚物を処理するシャワー方式水洗トイレを提供する。
効果 この水洗トイレは、水道が自らもつ水圧を利用する点に大きな特徴があり、この水圧を利用することにより、実験結果によると大便が2リットル以下小便1リットル以下で処理することが出来る。 また、アキュームレータに蓄圧水を貯溜しておき、この貯溜水を利用して便器内および管路内の汚物を排出するもので、水道圧が減圧した場合にも所用圧で放水できる。
技術概要
本発明のシャワー式水洗トイレは、便器に水を供給する管路中に水を蓄圧するアキュームレータと、アキュームレータを備えた水を供給する管路に切替弁を介して接続する便器の開口部に複数個の噴射口を備え、汚物排出時に噴射口から圧力水を放出する便器用噴射器と、アキュームレータを備えた水を供給する管路に切替弁を介して接続する便器の排出管路に圧力水を放出する管路洗浄口と、アキュームレータを備えた水を供給する管路に接続し、切替弁の加圧水の放出による管路の水圧低下に伴って便器の排出端側の開口部を開くシリンダーをもつ管路開閉ユニットを備えている。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 節水 下水道:大3リットル 小1.5リットル(実験済み) 仮設トイレ、汲取り式トイレ:大2リットル以下、小1リットル以下(未実験)
改善効果2 臭気遮断 自動のシリンダ開閉装置機構の開発で、下水道、便槽から来る臭気の遮断が可能となり、汲取り式トイレは水洗トイレと同じように使用出来る。
改善効果3 取水は水道水だけではなく、雨水、池の水(但し清水である事)等、ホースの口を変える事で、簡単に水道水雨水等に切り替えが出来、洗浄効果は変わらない。
アピール内容 ■強力洗浄で、大3リットル、小1,5リットルと従来のトイレ(13リットルトイレ)の80%以上の超節水、洗浄力は、水道水、雨水、等関係無く効果は同じです。 ■災害時の対応、雨水、等 “水”(清水である事)さえあれば使用出来ます、洗浄効果は変りません。 ■便槽、下水道の臭気を完全に遮断します。 ■便、紙、等の詰まりが少ない構造です。 ■消費電力が少ないためソーラ電力で十分対応出来ます。 詳しくはホームページ、シーズ情報をご覧下さい。 http://iiwanet.jp/stack/

登録者情報

登録者名称 スタック工業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT