音声合成用リスト生成装置及び音声合成用リスト生成プログラム

開放特許情報番号
L2009005379
開放特許情報登録日
2009/9/18
最新更新日
2009/9/18

基本情報

出願番号 特願2003-296585
出願日 2003/8/20
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2005-070164
公開日 2005/3/17
登録番号 特許第4344195号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 音声合成用リスト生成装置及び音声合成用リスト生成プログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 音声合成用リスト生成装置
目的 音素テキストから、音素列リストを生成するときに使用するメモリ量を抑え、ある出現頻度(閾値)以上の値を持つ全ての長さの音素列を抽出した音素列リストを生成することが可能な音声合成用リスト生成装置を提供する。
効果 音素数の少ない音素列から、順次音素列の出現頻度を累計し、かつ、その出現頻度が予め定めた閾値より高い音素列を含んだ音素列のみを、出現頻度の累計対象とするため、出現頻度が低いと判明している音素列の出現頻度を累計する無駄を省き、高速に音素列リストを生成できる。また、このとき、閾値より高いすべての音素列を抽出することができるため、この生成された音素列リストによって、音声合成を行う際に、音素列の接続点における音質の劣化を低減することが可能になる。
技術概要
音声を音素のテキストデータに書き下した複数の音素テキストから、音声合成の探索単位となる音素列リストを生成する音声合成用リスト生成装置10である。予め定めた音素数を順次増加させて、各音素テキストから、音素数の連続した音素で構成される音素列を順次抽出する固定長音素列抽出手段11と、この固定長音素列抽出手段11で抽出された音素列が、複数の音素テキストに出現する出現頻度を累計する出現頻度累計手段12と、音素列と出現頻度累計手段12で累計されたこの音素列の出現頻度とを蓄積する蓄積手段13と、この蓄積手段13に蓄積されている音素列の出現頻度が予め定めた閾値より多い音素列を、音素列リストとして出力するリスト出力手段14とを備え、出現頻度累計手段12には、音素列を構成し、この音素列より短い音素列の出現頻度が、閾値より多い場合に、この音素列を出現頻度の累計対象であると判定する累計判定手段12aを備えている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT