信号品質評価装置および信号品質評価方法

開放特許情報番号
L2009005170
開放特許情報登録日
2009/9/11
最新更新日
2009/10/16

基本情報

出願番号 特願2003-199843
出願日 2003/7/22
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2005-045318
公開日 2005/2/17
登録番号 特許第4318977号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 信号品質評価装置および信号品質評価方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 信号品質評価装置
目的 複数の搬送波によって搬送されるデジタル信号の誤り率を搬送波毎に評価することができる信号評価装置を提供する。
効果 複数の搬送波によって搬送されるデジタル信号の誤り率を搬送波毎に評価することができる。
技術概要
複数の搬送波によって搬送される時間領域の第1信号を周波数領域の第2信号に変換する時間周波数変換手段と、第2信号を復号化した後に符号化する復号化符号化手段と、第2信号を復調する復調手段と、復号化符号化手段から出力される信号と復調手段から出力される信号とに基づいて第1信号の誤り率を前記搬送波毎に算出する誤り率算出手段とを備えた信号品質評価装置である。複数の搬送波によって搬送される時間領域の入力信号aを周波数領域の信号bに変換するFFT部11と、信号bを復号化する復号化部12と、復号化された信号cを符号化する符号化部13と、信号bを復調する復調部14と、遅延時間を補正する遅延時間補正部15と、符号化部13によって符号化された信号dと遅延時間補正部15によって遅延時間が補正された信号fとに基づいて信号aの誤り率を搬送波毎に算出する誤り率算出部16と、誤り率を表示する表示部17とを備える構成とすることにより、デジタル信号の誤り率を搬送波毎に評価するようにした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT