OFDM信号中継装置

開放特許情報番号
L2009005169
開放特許情報登録日
2009/9/11
最新更新日
2009/9/11

基本情報

出願番号 特願2003-184674
出願日 2003/6/27
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2005-020539
公開日 2005/1/20
登録番号 特許第4309708号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 OFDM信号中継装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、その他
適用製品 OFDM信号中継装置
目的 OFDM(直交周波数分割多重)信号の伝搬経路においてOFDM信号が他の伝送信号による干渉の影響を受けていたことを他の中継装置および受信装置に伝達することができるOFDM信号中継装置を提供する。
効果 OFDM信号の伝搬経路においてOFDM信号が他の伝送信号による干渉の影響を受けていたことを他の中継装置および受信装置に伝達することができるOFDM信号中継装置を提供できる。
技術概要
OFDM信号を送信する送信装置とOFDM信号を受信する受信装置との間に設置され、送信装置によって送信されたOFDM信号を中継して受信装置に再送信するOFDM信号中継装置10であって、OFDM信号の複数のサブキャリアの信号がOFDM信号以外の信号による干渉の影響を受けているか否かを評価する干渉評価手段14と、干渉評価手段14による評価の結果に基づいて、受信装置が干渉の影響を受けているサブキャリアと干渉の影響を受けていないサブキャリアとを判別できるように再送信するOFDM信号を生成する再送信信号生成手段15とを備えている。再送信信号生成手段は、OFDM信号の各サブキャリアの信号の振幅および位相に基づいて、各サブキャリアの信号に変調されているデジタルデータを判定するデータ判定部と、干渉評価手段による評価の結果に基づいて、干渉の影響を受けているサブキャリアの信号に係る判定を行わないようデータ判定部を制御する判定制御部と、データ判定部によって判定されたデジタルデータに基づいて、再送信するOFDM信号の複数のサブキャリアの信号を生成する再送信信号生成部とを有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT