1,3−ベンゾオキサチイン−4−オン1−オキシド化合物の製造方法

開放特許情報番号
L2009005143
開放特許情報登録日
2009/9/11
最新更新日
2011/2/18

基本情報

出願番号 特願2009-154591
出願日 2009/6/30
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2011-011982
公開日 2011/1/20
発明の名称 1,3−ベンゾオキサチイン−4−オン1−オキシド化合物の製造方法
技術分野 有機材料、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、安全・福祉対策
適用製品 1,3−ベンゾオキサチイン−4−オン1−オキシド化合物、1,2−ベンゾイソチアゾリン−3−オン化合物の製造原料、工業用抗菌剤製造原料
目的 工業用抗菌剤である1,2-ベンゾイソチアゾリン-3-オン化合物の製造原料である1,3-ベンゾオキサチイン-4-オン 1-オキシド化合物(一般式(A))は、従来、1,3-ベンゾオキサチイン-4-オン化合物(一般式(B))を酸化剤で酸化して製造されているが、用いる酸化剤が高価である、或は取り扱いが容易でない等の問題がある。安価で取り扱いも容易である過酸化水素水を用いる試みは成功していない。そこで、1,3-ベンゾオキサチイン-4-オン 1-オキシド化合物を製造するための工業的に有利な方法を提供する。
効果 この方法によれば、1,3-ベンゾオキサチイン-4-オン化合物と過酸化水素水の反応により、1,3-ベンゾオキサチイン-4-オン 1-オキシド化合物を収率よく製造することができる。しかも、高価で、廃棄物を多く副生するメタクロロ過安息香酸、あるいは、発火や爆発の危険性のある過ヨウ素酸を用いることなく、安全に製造できるので、この方法は工業的な1,3-ベンゾオキサチイン-4-オン 1-オキシド化合物の製造法として最適である。
技術概要
この1,3-ベンゾオキサチイン-4-オン 1-オキシド化合物(一般式(A))の製造方法は、一般式(B)で表される1,3-ベンゾオキサチイン-4-オン化合物を、触媒の存在下、過酸化水素水と反応させることからなる。(式中、R↑1〜R↑4は、水素原子、炭素数1〜8のアルキル基またはアルコキシル基、ハロゲン原子、あるいはニトロ基、R↑5、R↑6は、水素原子、炭素数1〜12のアルキル基、炭素数3〜12のシクロアルキル基、あるいは炭素数6〜12の芳香族基、また、R↑5、R↑6は連結して環を形成してもよい)。好ましい触媒は、金属のオキソ酸またはその塩で、その金属としてはタングステン、モリブデン、レニウムから選ばれる化合物である。いま一つの方法は、1,3-ベンゾオキサチイン-4-オン化合物を、触媒に変えてギ酸の存在下に過酸化水素水を反応させて1,3-ベンゾオキサチイン-4-オン 1-オキシド化合物を製造する方法である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT