固体酸化物形電気化学セルの製造方法

開放特許情報番号
L2009005140
開放特許情報登録日
2009/9/11
最新更新日
2015/9/29

基本情報

出願番号 特願2009-153645
出願日 2009/6/29
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2011-009144
公開日 2011/1/13
登録番号 特許第5397894号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 固体酸化物形電気化学セルの製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 固体酸化物形電気化学セル
目的 固体酸化物形電気化学セルの製造に当たり、緻密な電解質上に焼結により多孔質中間層や電極を作製した場合に剥離やクラックを生じず、かつ必要な多孔性が失われることのない製造方法の提供。
効果 この技術によれば、電解質との接着性の向上や焼結による多孔性の減少を防ぐことができ、容易に電極反応性の高い中間層や空気極が作製できる。
技術概要
この技術では、電解質上に焼成時の収縮率が小さい導電性酸化物を主体とする粗大粉と焼成時の収縮率が大きい導電性酸化物を主体とする微細粉とを混合した混合粉末を形成する工程、及び該混合粉末を焼結し多孔焼結層とする工程を含む固体酸化物形電気化学セルの製造方法を提供する。また、緻密電解質上に焼成時の収縮率が小さい導電性酸化物を主体とする粗大粉と焼成時の収縮率が大きい導電性酸化物を主体とする微細粉とを混合した混合粉末を形成する工程、混合粉末に導電性酸化物の構成元素からなる溶液を混合する工程、及び混合粉末を焼結し多孔質焼結層とする工程を含む固体酸化物形電気化学セルの製造方法を提供する。また、緻密電解質上に焼成時の収縮率が小さい導電性酸化物を主体とする粗大粉と焼成時の収縮率が大きい導電性酸化物を主体とする微細粉とを混合した混合粉末を形成する工程、混合粉末に固体電解質酸化物の構成元素からなる溶液を混合する工程、及び混合粉末を焼結し多孔質焼結層とする工程を含む固体酸化物形電気化学セルの製造方法を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT