姿勢可変型直接教示モジュール

開放特許情報番号
L2009005083
開放特許情報登録日
2009/9/11
最新更新日
2015/9/29

基本情報

出願番号 特願2009-116141
出願日 2009/5/13
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2010-264527
公開日 2010/11/25
登録番号 特許第5273727号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 姿勢可変型直接教示モジュール
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 自動車、IT機器、家電、産業用ロボット
目的 一つの直接教示モジュールと複数の産業用ロボットとで直接教示システムを構築し、一つの直接教示モジュールで各産業ロボットごとに教示可能な姿勢可変型直接教示モジュールの提供。
効果 本技術によれば、教示ハンドル部がワンタッチで着脱可能で、教示情報を生成するすべての機能要素が一つのモジュールになっているので、複数の産業用ロボットを1台の直接教示モジュールで各産業用ロボットごとに教示することが可能になり、直接教示システムの導入費用及び維持費用の低減が期待できる。
技術概要
この技術では、複数の産業用ロボットには、各産業用ロボットのアーム先端部分に取り付け部を設け、取り付け部に固定されたアーチ状で矩形断面のレールと、アーチ状のレールに沿ってレール上をスライドしてロール角を調整するスライダと、スライダの外円周上をスライドしてピッチ角を調整するスライダと、所望の姿勢角になったときスライダ及びスライダの位置を拘束する固定用操作レバーと、スライダに設けられ、教示ハンドル部の連結用板の被係合部に着脱自在に係合する爪式ロック機構とからなる姿勢調整機構部を設け、一つの直接教示モジュールには、力センサ及び姿勢角センサを有する教示ハンドル部と教示情報生成部とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT