炭酸塩から合成されたリーフ状とフォールデッドアラゴナイト粒子及び其の製造方法

開放特許情報番号
L2009004782
開放特許情報登録日
2009/8/7
最新更新日
2009/8/7

基本情報

出願番号 特願2007-067630
出願日 2007/3/15
出願人 国立大学法人 名古屋工業大学
公開番号 特開2008-222534
公開日 2008/9/25
発明の名称 炭酸塩から合成されたリーフ状とフォールデッドアラゴナイト粒子及び其の製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、循環型の反応媒体等として広く利用される。
目的 炭酸塩から合成されたリーフ状とフォールデッドアラゴナイト粒子及びその製法を提供する。
効果 容易にリーフ及びチューブ状のアラゴナイトが得られ、また、Mg、Fe等を含む低廉なドロマイトを使用することにより、容易にかつ低廉なアラゴナイトが得られる。
技術概要
Mg、Fe、Na、Kの1種または2種以上を含む炭酸塩を酸で溶解した後、この溶液をアンモニア水、水酸化ナトリウム、水酸化カルシウム等のアルカリ溶液により目的とする形状に対応したpHに調整した後、この溶液にCO↓2ガスを吹き込むことにより、アラゴナイト組織を有するリーフとチューブ状の晶出体を製造する。尚、炭酸カルシウムを主成分としアラゴナイト組織を有する中空かつ棒状のフォールデッド(薄層の積層により形成された)晶出体を製造し、また、天然のドロマイトを粉砕後75ミクロンより小さいものに分級したものを酸に溶解、ろ過した後アンモニア水等でpHを調整後、この溶液を略80℃に保持したものに一定量のCO↓2ガスを連続して吹き込むことにより、リーフ状と中空の棒状アラゴナイト組織の晶出体を製造する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT