太陽光反射土木建築資材、遮光資材及びヒートアイランド現象の抑制方法

開放特許情報番号
L2009004768
開放特許情報登録日
2009/8/7
最新更新日
2012/2/17

基本情報

出願番号 特願2006-338024
出願日 2006/12/15
出願人 国立大学法人 名古屋工業大学
公開番号 特開2007-192016
公開日 2007/8/2
発明の名称 ヒートアイランド現象の抑制方法
技術分野 土木・建築
機能 材料・素材の製造
適用製品 太陽光反射層を備えた土木建築システム
目的 建築外装材に太陽光反射特性を付与し、太陽熱を直ちに宇宙へ反射して日射に晒される建築物の熱吸収・昇温・蓄熱を顕著に低減する土木建築資材及びそれらを利用することで都市の蓄熱現象、すなわちヒートアイランド現象を抑制する方法を提供する。
効果 低コストで、ヒートアイランド現象の原因になっていた太陽熱吸収能力の高い土木建築資材をヒートアイランド現象を効果的に抑制する太陽光反射土木建築資材にする事が出来る。
技術概要
太陽光反射土木建築資材は、土木建築資材の外形をなす基材と、基材の外面のうち、少なくとも太陽光が照射する部分に形成させ、赤外光域を含めた太陽光反射性能を有する金属アルミニウム又は太陽光反射性能の高い陶土若しくは釉薬からなる太陽光反射層を備える。太陽光反射層は、厚さ0.01mmの金属アルミニウムの反射層を瓦の上に形成させ、その瓦の表面温度の上昇を抑制させる事が出来る。タイルは太陽光の入射に対して地表に入射光を反射し、直達光と加算されて地表の人や構造物、施設を加熱する、一方、タイルに反射勾配を付与することにより反射光を地表の方向と異なる方向に拡散させる事が出来る。太陽熱反射土木建築資材とそれを利用したヒートアイランド現象の抑制方法は、土木建築業界にとって新しい大規模な需要を創出する。また、それらの土木建築資材メーカーにとっては新製品の市場を発生させる事が出来る。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT