発泡樹脂を用いた造形装置

開放特許情報番号
L2009004753
開放特許情報登録日
2009/8/7
最新更新日
2009/8/7

基本情報

出願番号 特願2006-087175
出願日 2006/3/28
出願人 国立大学法人 名古屋工業大学
公開番号 特開2007-261002
公開日 2007/10/11
発明の名称 発泡樹脂を用いた造形装置
技術分野 機械・加工、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 自動車設計のクレイモデル制作等に用いられる造形装置に適用する。
目的 特定の発泡樹脂を用いる造形装置を提供する。
効果 大型模型を簡易かつ迅速に造形できる装置が可能になる。
技術概要
イソシアネートとポリオールを所定の比率で混合させ、吐出量を制御しながら、生成された発泡ポリウレタンによる大型モデルの平面造形と立体造形を行う造形装置にする。例えば、この造形装置は、原液イソシアネートと原液ポリオールのタンク1、2と、2つ原液の自動計量混合吐出機3と、自動計量用のギアポンプ4と、吐出された2液を混合するミキサ6と、3軸移動ロボットモジュール9と、吐出口7及び吐出面8等から構成され、自動計量混合吐出機3は、2種類の原液の流量などのパラメーターを設定し、原液を指定した比率で混合させ、吐出量を制御しながら吐出を行い、また、3軸ロボットモジュール9は、コンピュータ14とコントローラ13の指令により吐出口7の位置と速度を制御して、発泡ポリウレタンの形状を造形する構造を有している(図)。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT