生体吸収型治療診断装置

開放特許情報番号
L2009004718
開放特許情報登録日
2009/8/7
最新更新日
2010/6/11

基本情報

出願番号 特願2004-170363
出願日 2004/6/8
出願人 国立大学法人 名古屋工業大学
公開番号 特開2005-348822
公開日 2005/12/22
登録番号 特許第4500997号
特許権者 国立大学法人 名古屋工業大学
発明の名称 生体吸収型治療診断装置
技術分野 生活・文化、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、安全・福祉対策
適用製品 生体吸収型治療診断装置
目的 病原細胞の存在を起因とした病気の治療に効果的であり、病原細胞以外の組織に損傷を与えず、副作用をもたらさない治療を可能とする治療装置を提供する。
効果 この治療装置は、充電機能および放電機能を有しているとともに、放電された電気を熱に変換することが可能であるため、この治療装置を充電した上で、癌等の病原細胞に直接的に投与すれば、病原細胞内で発熱することにより、病原細胞以外の組織に損傷を与えず、副作用をもたらすこともなく、非常に効果的に病原細胞を死滅させることができる。
技術概要
リン酸塩ゲルを主体として形成された本体と、その本体の対向する部位に設置された電極とを有しており、充電機能および放電機能を有する治療装置である。電極はカーボンからなるものである。カーボンからなる電極の設置部分以外のリン酸塩ゲルの外周が、ポリ乳酸および/またはポリグリコール酸によって被覆されている。外周は、リン酸塩ゲルおよびカーボンからなる電極より電気抵抗の大きい物質で覆われている。治療装置Mは、略球状のリン酸亜鉛ハイドロゲル1の対向する2つの部位に、カーボンと澱粉糊とからなるカーボン電極2、2が塗布されている。また、カーボン電極2、2を塗布した部分を除くリン酸亜鉛ハイドロゲル1の外周が、絶縁体であるポリ乳酸とポリグリコール酸との混合組成物3によって被覆されている。かかる治療装置Mは、カーボン電極2、2に電圧を印可して充電した後に、発熱体4で被覆し、癌等の病原細胞に注射器等を利用して直接的に投与すると、病原細胞内で発熱し、病原細胞を死滅させることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 生体に対する適合性に優れているため、発熱した後には、短期間の内に生体内に吸収される。また、主原料であるリン酸ゲルが、生体に対する適合性に優れており、発熱した後には、短期間の内に分解され、一部が生体内に吸収され、一部が排出されるため、生体に悪影響を及ぼすことがない。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT