設定パラメータ最適化装置およびそのプログラム

開放特許情報番号
L2009004713
開放特許情報登録日
2009/8/7
最新更新日
2015/8/20

基本情報

出願番号 特願2007-294464
出願日 2007/11/13
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2009-122842
公開日 2009/6/4
登録番号 特許第4831514号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 設定パラメータ最適化装置およびそのプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 設定パラメータ最適化装置およびそのプログラム
目的 マルチカメラで撮影された各撮影画像が均一となるように設定パラメータを最適化する。
効果 設定パラメータ最適化装置は、選択可能なすべての撮影画像ペアの組み合わせのうち対応リストが作成されたすべての撮影画像ペアの組み合わせおよびパラメータベクトルの各成分に対するパワー値の総和である総パワー値を算出するので、各撮影画像のパラメータが均一化される。その結果、マルチカメラ全体として撮影画像が均一となるように補正される。
技術概要
図1は、設定パラメータ最適化装置を含むマルチカメラパラメータ補正装置を模式的に示すブロック図である。カメラVは、被写体を撮影するものであり、撮影した被写体の映像(画像信号)を設定パラメータ最適化装置2に出力している。なお、カメラVの台数は3台以上であればよく、また、それらの配置は任意である。マルチカメラパラメータ補正装置1は、設定パラメータ最適化装置2を含み、画素対応付け手段10と、対応リスト作成手段20と、テーブル計算手段30と、補正実行手段40と、記憶手段50とを備える。設定パラメータ最適化装置2は、被写体を共有する3以上の複数のカメラVで撮影するマルチカメラから取得した各カメラVで撮影された各撮影画像の中から選択された撮影画像ペアのうちの少なくとも一方の撮影画像の画像情報の設定パラメータを制御する。設定パラメータ最適化装置2は、画素対応付け手段10と、対応リスト作成手段20と、テーブル計算手段30とを備える。図2は、図1に示したマルチカメラパラメータ補正装置の動作を示すフローチャートである。図3は色補正の流れを示すフローチャートである。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 設定パラメータ最適化装置は、カメラ配置のパラメータを最適化することで入力撮影画像が変化したときに、カメラ配置が変更された新たな撮影画像を含む撮影画像ペアを形成する各撮影画像間で、画素の対応付けを改めて行うことができる。
改善効果2 設定パラメータ最適化装置は、各撮影画像が均一となるように色の強度を示すパラメータを最適化するので、マルチカメラ全体において、色合いが相互に類似した妥当な色補正を行うことができる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT