漆器製品素材およびその製造法

開放特許情報番号
L2009004669
開放特許情報登録日
2009/7/31
最新更新日
2009/7/31

基本情報

出願番号 特願2006-141983
出願日 2006/5/22
出願人 沖縄県
公開番号 特開2007-307312
公開日 2007/11/29
発明の名称 漆器製品素材およびその製造法
技術分野 機械・加工、生活・文化
機能 材料・素材の製造、加熱・冷却、加圧・減圧
適用製品 漆器製品
目的 琉球漆器独特の雰囲気を残し、金型を使った大量かつ経済的な製造が可能で、自動食器洗浄機等による洗浄等にも耐える強度を持つ漆器製品素材とその製造方法を提供する。
効果 短時間に簡単な工程で製造でき、低コストである。 また、自動食器洗浄機や高温殺菌乾燥保管庫での取り扱いに耐えることができるため、使用条件が過酷なレストラン、ホテル、福祉施設で使用することができる。
技術概要
漆器製品素材は、漆含浸繊維シートを基体とし、これを金属製金型を用いて複数回の異なる条件の圧縮成型工程で圧縮成型することにより製造される。 漆含浸繊維シートは、1枚ないし複数枚の繊維シートに、漆を含む成分を含浸させたものである。その例としては、繊維シートの両面に生漆と糊料を混合したものを接着剤として塗布し、更にその上に、生漆、糊料および木粉等の繊維質の混合物を接着したものが挙げられる。 次に、調製された漆含浸シートを成型し、漆器製品素材とするには、金属金型を用い、複数回の圧縮条件の異なる圧縮成型で成型することが必要である。 この複数回の圧縮成型の例としては、加圧しないか、低い圧力で加圧して圧縮成型する工程、高い圧力かつ常温ないし加温下で加圧して圧縮成型する工程を含む方法や、加圧しないか、低い圧力で加圧して圧縮成型する工程、高い圧力かつ常温で加圧して圧縮成型する工程および高い圧力かつ加温下で加圧して圧縮成型する工程を含む圧縮成型方法が挙げられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 沖縄県

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT