側溝蓋およびグレーチング

開放特許情報番号
L2009004648
開放特許情報登録日
2009/7/24
最新更新日
2010/1/15

基本情報

出願番号 特願2008-121681
出願日 2008/4/4
出願人 泉建設株式会社
公開番号 特開2009-250023
公開日 2009/10/29
登録番号 特許第4284691号
特許権者 泉建設株式会社
発明の名称 側溝蓋およびグレーチング
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 透水性舗装材、側溝蓋、グレーチング
目的 輸送コストや施工コスト等を低く抑えるとともに、目詰まりの発生を抑制し、グレーチング自体の変形を防止して剛性を維持する側溝蓋およびグレーチングの提供。
効果 輸送コストや施工コスト等を低く抑えるとともに、目詰まりの発生を抑制し、グレーチング自体の変形を防止して剛性を維持することができる側溝蓋およびグレーチングを提供することができる。
技術概要
この技術では、側溝蓋は、受枠間に架設されるベアリングバーと、ベアリングバーと交差して格子状となるようにベアリングバーに対して固定されるクロスバーとで構成されるグレーチングを有する。また、グレーチングの底面側に配置され、ベアリングバーが凹部に入るとともに、ベアリングバー相互間の空間部位に凸部が部分的に入るように凹凸状に形成され、所定の開口面積比率以上となるように開口させた底面部材を有する。さらに、底面部材の上面側であってベアリングバー相互間の空間部位を埋めるように形成され、骨材と接着剤とを混合して所定の透水速度からなる透水性舗装材を有する。また、受枠の底面側における幅方向端部にそれぞれ固定されるパイプ部材と、パイプ部材の相互間を固定して連結する棒状部材とを有することが好ましい。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 泉建設株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT