遠心ポンプの流量及び揚程測定方法、装置、及び、拍動する循環系の循環状態評価装置

開放特許情報番号
L2009004600
開放特許情報登録日
2009/7/24
最新更新日
2011/7/29

基本情報

出願番号 特願2005-232501
出願日 2005/8/10
出願人 国立大学法人 東京医科歯科大学
公開番号 特開2007-044302
公開日 2007/2/22
登録番号 特許第4769937号
特許権者 国立大学法人 東京医科歯科大学
発明の名称 遠心ポンプの流量及び揚程測定装置、及び、拍動する循環系の循環状態評価装置
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 検査・検出
適用製品 遠心ポンプの流量及び揚程測定方法、人工心臓、機械的補助循環、心機能評価、循環状態評価装置
目的 流量計等を用いずに遠心ポンプの拍出量を計測可能とすることの実現。
効果 流量計等を用いることなく、遠心ポンプの拍出量を計測することができる。更に、拍動する循環系の循環状態を評価するようにした場合は、補助循環中の補助流量だけでなく、自己心の心機能評価が可能となり、モータ電流波形信号を用いた評価法に比べ、連続的で安定性が高く、感度が良い評価出力が可能となる。
技術概要
この技術では、羽根車が回転する遠心ポンプにおいて、羽根車の回転時に羽根車に加わる横力に基づいて、ポンプの流量を推定する。羽根車に加わる横力は、羽根車の変位挙動により検出する。又、羽根車に加わる横力は、羽根車を所定位置に維持するための制御値により検出するようにしてもよい。又、羽根車に加わる横力を、横力発生の元となるポンプケーシング内部圧力により検出するようにしてもよい。そして、このようにして推定したポンプ流量に基いてポンプ揚程を推定する。又、羽根車が回転する遠心ポンプの流量測定装置は、羽根車の回転時に羽根車に加わる横力を検知する手段と、横力に基づいて、ポンプの流量を推定する手段と、を備えるものとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 東京医科歯科大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT