サイド後方死角確認用ミラー

開放特許情報番号
L2009004578
開放特許情報登録日
2009/7/17
最新更新日
2012/8/20

基本情報

出願番号 特願2009-126288
出願日 2009/5/26
出願人 大宮 洋三
公開番号 特開2010-274677
公開日 2010/12/9
登録番号 特許第5020996号
特許権者 大宮 洋三
発明の名称 サイド後方死角確認用ミラー
技術分野 生活・文化
機能 安全・福祉対策
適用製品 自動車用サイド補助ミラー
目的 安全運転
効果 運転時に死角確認をサイドミラーと同時に確認できるので、左右に進路変更する場合にも、容易かつ確実に確認することができ、安全に運転でき、接触事故防止に大きく貢献できる。
技術概要
自動車の運転時に、後方左右に生じる死角と呼ばれる見にくい視野を運転者の目の位置で確認可能とするサイド補助ミラーが各種開発されているが、ミラーを加工して取り付けるものは、装置が複雑、または、製造コストやミラーが大きくなり、車両の幅の制限の問題など多くの問題がある。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 左右斜め後方の死角を容易に、かつ確実に確認でき、既存のミラーを加工、取替えすることなく、比較的低コストで製造でき、車両の室内に設置されていることから、室内で簡単にミラーの角度を調整可能なサイド補助ミラーである。

登録者情報

登録者名称 大宮 洋三

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT