物体の状態検出装置および方法

開放特許情報番号
L2009004508
開放特許情報登録日
2009/7/17
最新更新日
2015/9/29

基本情報

出願番号 特願2009-109983
出願日 2009/4/28
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2009-288239
公開日 2009/12/10
登録番号 特許第5115991号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 物体の状態検出装置および方法
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 状態検出装置
目的 検出対象空間内に配置されたRFIDタグから発生する電界強度を受信機によりRFIDタグごとに識別しつつ測定し、物体の状態を把握するための装置および方法の提供を目的とする。
効果 人にセンサーを携帯させることなく、環境に設置したRFIDタグのみを用いて、RFIDタグの近傍で人が特定の状態に陥ったことを検出することが可能となる。
技術概要
この技術は、検出対象空間内に配置された送信機から発生する電界強度を受信機により送信機ごとに識別しつつ測定し、物体つまり人や物などの状態を把握するための装置に関する。 状態検出装置は、物体が特定の状態にある時に占有する空間の近傍に設置されたm個(m≧1)の電磁界発生手段と、m個の電磁界発生手段から発生する電界強度を電磁界発生手段ごとに識別しつつ測定するn個(n≧1)の電界強度測定手段と、m×n個の電界強度の時系列データから特徴を計算する特徴抽出手段と、特徴と学習用の各状態における特徴データから統計処理により状態を識別する状態識別手段とを備える。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT