水分散性を有する高発光効率ナノ粒子及びその製造方法

開放特許情報番号
L2009004497
開放特許情報登録日
2009/7/17
最新更新日
2015/9/29

基本情報

出願番号 特願2009-099488
出願日 2009/4/16
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2010-138367
公開日 2010/6/24
登録番号 特許第5682902号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 水分散性を有する高発光効率ナノ粒子
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 オルガノアルコキシシラン、コア/シェル構造のナノ粒子、バイオ用の蛍光プローブ
目的 水溶液中で高い発光効率を有するIII−V族半導体を主成分とするナノ粒子、およびその製造方法の提供。
効果 本技術の水分散性半導体ナノ粒子は、水溶液中で高い発光効率と安定性を示し、II族の有害物質をコアに含まず、また安価な材料を用いて比較的低温で製造できる。
技術概要
この技術では、III族元素およびV族元素を含有するコアとII族元素およびVI族元素を含有する厚さ0.2ナノメートル以上4ナノメートル以下のシェルからなるコア/シェル構造を有し、V族元素に対するIII族元素のモル比が1.25〜3.0であり、かつ蛍光発光効率が10%以上である直径2.5〜10ナノメートルのナノ粒子、並びにIII−V族半導体ナノ粒子を分散した有機溶媒分散液と、II族化合物及びVI族化合物を含有する水溶液とを接触させて、III−V族半導体ナノ粒子を水溶液中に移動させた後、水溶液に光を照射する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT