中空粒子の製造方法

開放特許情報番号
L2009004482
開放特許情報登録日
2009/7/17
最新更新日
2015/9/28

基本情報

出願番号 特願2009-084339
出願日 2009/3/31
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2010-235372
公開日 2010/10/21
登録番号 特許第5464573号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 中空粒子の製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 化粧品、コスメティック分野
目的 水溶性ケイ酸塩と水溶性高分子化合物とからW/O/Wエマルジョンを用いて得られるマクロな孔を殻部分に持つ酸化ケイ素から構成される中空粒子が、全粒子中に粒子が占める割合を高めることができる製造技術の提供。
効果 この技術は、W/O/Wエマルジョンを用いて合成されるケイ素酸化物の中空粒子において、第1水相の第3成分として、水溶性の無機塩を添加することで、殻部分に50nm以上のマクロ細孔を有する粒子が、全粒子中において半数以上となる製造法を提供し、これにより粒子の大量生産や特性の発揮に資することができる粉体を得ることができる。
技術概要
この技術では、まず、水溶性高分子、無機塩および水溶性ケイ酸塩を含む第1水相(W)と油相(O)とのW/Oエマルジョンを作製する。このW/Oエマルジョンは、水溶性高分子、無機塩および水溶性ケイ酸塩を含む水相と油相と界面活性剤(乳化剤)を用い、ホモジナイザーなどを用いて機械撹拌することにより製造することができる。そして、得られたW/Oエマルジョンを沈殿剤を含む第2水相(沈殿剤水溶液)に加えることにより、マクロ孔を有するケイ素酸化物から構成される中空粒子を製造することができる。水溶性ケイ酸塩としては、ケイ酸ナトリウムが挙げられ、好ましくは水ガラスが挙げられる。マクロ孔を殻に有するシリカ中空粒子を高効率で製造するためには、添加物を加えることが重要であり、添加物としては、種々の無機塩を挙げることができ、無機塩として、ハロゲン化アルカリ金属塩、チオシアン酸塩またはグアニジン酸塩、カオトロピック塩が好適である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT