電気化学リアクターユニット、それらから構成される電気化学リアクターモジュール及び電気化学反応システム

開放特許情報番号
L2009004415
開放特許情報登録日
2009/7/17
最新更新日
2015/9/28

基本情報

出願番号 特願2009-042983
出願日 2009/2/25
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2010-003669
公開日 2010/1/7
登録番号 特許第5317274号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 電気化学リアクターユニット、それらから構成される電気化学リアクターモジュール及び電気化学反応システム
技術分野 電気・電子、生活・文化、その他
機能 免振・制振、環境・リサイクル対策、その他
適用製品 燃料電池、固体酸化燃料電池
目的 この発明は、チューブ型電気化学リアクターセルをスタック化して構成される電気化学リアクターユニットを用いた固体酸化物燃料電池等の電気化学反応システムを提供する。
効果 この発明の方法によれば、空気圧の損失を従来製品の1/5以下まで低減可能で、650℃以下の低温条件で運転可能でユニット毎の空気マニホールドが不必要となり、システムのコンパクト化が可能となる。
技術概要
電気化学リアクターの代表的なものとしては、固体酸化物形燃料電池(SOFC)がある。しかし、これまでに報告されている高い電力出力を有するアノードサポート型SOFCは、平板型であって、急激な運転サイクルの条件下では、セルの破壊を引き起こすことが問題になっている。 この発明の電気化学リアクターユニットは、チューブ構造を有するマイクロサイズ径のチューブから構成されており、チューブ型電気化学リアクターセルが、放熱機能と集電機能を有する多孔質体に格納され、これに、ガスシールと集電部材が取り付けられた電気化学リアクターセルの複数個が、チューブ型電気化学リアクターセルの配列方向に1次元的に電気的に直列接続されており、ここに、燃料供給手段が装着されている。この電気化学モジュールには、空気を直接供給できる構造となっている。チューブ構造部は、セラミック中空チューブで構成されたアノードチューブであり、チューブ表面には緻密な電解質層が形成され、電解質層の外側にカソードが配置されている。チューブは、管径は2mmで管厚0.5mm位のものを使用するのが好ましい。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT