高精度化D/A変換器

開放特許情報番号
L2009004392
開放特許情報登録日
2009/7/17
最新更新日
2015/9/28

基本情報

出願番号 特願2009-030570
出願日 2009/2/13
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2010-187240
公開日 2010/8/26
登録番号 特許第5245161号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 高精度化D/A変換器
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 D/A変換器
目的 計算機出力等のディジタル信号をアナログ信号の一種である電流へ高精度で変換する装置の提供を目的とする。
効果 従来のディジタル−アナログ変換器(D/A 変換器)に、SQUIDの三角パターンを組み合わせることにより、D/A 変換器を高精度化することが可能となる。また、極低温電流比較器を用いる事で、制御できる電流範囲を比較的任意/適切に設定できると共に、電流のふらつきを小さく抑える事ができる。
技術概要
SQUID磁束計、及びその出力に接続したロックインアンプを備える。 高周波信号を変調コイルに印加することにより発生した高周波磁束Φに対し、SQUID磁束計出力電圧Uが周期的に変化する三角パターンを発生させる。変調信号を変調コイル及びロックインアンプに印加することにより変調磁束を発生させて、三角パターンのピーク検出を行ない、かつ、入力コイルにフィードバックすることにより、三角パターンのピークにロックする。ロック時のフィードバック電流を加えたD/A 変換器の出力電流或いは出力電圧を、D/A 変換器の高精度化した出力として取り出す。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT