微粒子、その製造方法、ならびにそのような微粒子を含む塗料、フィルムおよびインク

開放特許情報番号
L2009004390
開放特許情報登録日
2009/7/17
最新更新日
2018/1/8

基本情報

出願番号 特願2010-549515
出願日 2010/1/29
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2010/090274
公開日 2010/8/12
登録番号 特許第5598857号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 微粒子、その製造方法、ならびにそのような微粒子を含む塗料、フィルムおよびインク
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ルチル型結晶相の二酸化バナジウム(VO↓2)、住宅やビル等の建物、車両など移動体の内部(室内、車両内)、省エネ性と快適性、サーモクロミック材料
目的 良好なサーモクロミック特性を有する微粒子を提供する。また、そのような微粒子の製造方法、ならびにそのような微粒子を含む塗料、フィルムおよびインクの提供。
効果 本技術では、良好なサーモクロミック特性を有する微粒子が得られる。また、そのような微粒子の製造方法、ならびにそのような微粒子を含む塗料、フィルムおよびインクが提供される。
技術概要
本技術では、サーモクロミック特性を有する微粒子であって、二酸化バナジウム(VO↓2)のロッド状単結晶を有し、ロッド状単結晶は、短軸と長軸のアスペクト比が3より大きく100以下であり、短軸は、平均直径が500nm以下であることを特徴とする微粒子である。ここで、この微粒子において、ロッド状単結晶は、さらに、タングステン(W)、モリブデン(Mo)、ニオブ(Nb)、タンタル(Ta)およびフッ素(F)からなる群から選定される。また、この微粒子において、複数のロッド状単結晶が、2次元または3次元的に結びついて、集合体を構成する。また本技術では、サーモクロミック特性を有する微粒子の製造方法であって、バナジウム(V)を含む物質Aと、酸化性または還元性を有する物質Bと、水とを含む溶液を、250℃以上の温度で水熱反応させるステップを有し、これにより、二酸化バナジウムのロッド状単結晶を含む微粒子が形成され、このロッド状単結晶は、短軸と長軸のアスペクト比が3より大きく100以下であり、短軸は、平均直径が500nm以下であることを特徴とする微粒子の製造方法が提供される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT