カメラ、カメラアレイ及びカメラアレイシステム

開放特許情報番号
L2009004284
開放特許情報登録日
2009/7/3
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2007-281547
出願日 2007/10/30
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2009-109322
公開日 2009/5/21
登録番号 特許第4998792号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 カメラ、カメラアレイ及びカメラアレイシステム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 カメラ、カメラアレイ及びカメラアレイシステム
目的 ホストPC(コンピュータ)の処理負荷を軽減すると共に、伝送されるカメラ映像の伝送量を低減することができ、また、被写体の正確な3次元情報を取得することができるカメラ、カメラアレイ及びカメラアレイシステムを提供する。
効果 キャリブレーション処理がなされ、補正後画像データから抽出された領域が伝送されるので、コンピュータの処理負荷を軽減することができると共に、伝送量を低減することができる。また、被写体の画像データ同士が同期されるので、被写体の正確な3次元情報を取得することができる。さらに、コンピュータの処理負荷を軽減することができると共に、伝送量を低減することができ、被写体の3次元情報を取得することができる。
技術概要
図1はカメラアレイシステムのブロック図である。図1に示すように、カメラアレイシステムSは、任意形状の被写体を撮像して、当該被写体の3次元情報を取得するものであって、カメラアレイ1と、コンピュータ3と、コンピュータ4と、同期制御機6とを備える。なお、被写体は、実際に存在するもの(実写)であり、図1に示すように四角柱の上に円柱が接合した単体の静止物であるが、複数の静止物であってもよく、さらに、動物や人物等の動きのあるものであってもよい。カメラアレイ1は、複数のカメラ5(5↓1、5↓2、…、5↓n)をアレイフレーム2に所定距離離して配置(固定)する。そして、複数のカメラ5(5↓1、5↓2、…、5↓n)とコンピュータ3とは、双方向通信が可能なカメラバスで接続される。カメラ5は、被写体を撮像した画像データに対し、キャリブレーション処理を行った後、画像データにおける領域を抽出してコンピュータ3に伝送するもので、撮像手段7と、キャリブレーション処理手段9と、領域抽出手段11と、同期制御処理手段13と、通信手段15とを備える。図2はカメラアレイシステムの動作を説明するためのシーケンスチャートである。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT