著者認証システム及びコンピュータによって実行されるプログラム

開放特許情報番号
L2009004121
開放特許情報登録日
2009/6/19
最新更新日
2009/6/19

基本情報

出願番号 特願2001-143513
出願日 2001/5/14
出願人 北海道大学長
公開番号 特開2002-344718
公開日 2002/11/29
登録番号 特許第3849006号
特許権者 国立大学法人 北海道大学
発明の名称 著者認証システム及びコンピュータによって実行されるプログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 著者認証システム
目的 提供されるデータの品質を下げることなく著者の認証を行うことができる著者認証システム及び方法並びにコンピュータによって実行されるプログラムを提供する。
効果 コンピュータによって、提供されるデータの品質を下げることなく著者の認証を行うことができるようになる。
技術概要
著者認証システムは、著者の作成した第1データ及び著者であることを証明する第2データから、IFSパラメータである認証パラメータを、フラクタル画像符号化によって算出する認証パラメータ算出手段と、認証パラメータと、著者であることを主張したい第3データとから第4データを生成するデータ生成手段と、第2データと第4データとを照合し、これらが同一である場合には第3データの著者を認証するデータ照合手段とを具える。コンピュータによって実行される著者認証プログラムは、著者の作成した第1データ及び著者であることを証明する第2データから、IFSパラメータである認証パラメータを、フラクタル画像符号化によって算出する認証パラメータ算出ステップと、認証パラメータと、著者であることを主張したい第3データとから、第2データを生成する第2データ生成ステップと、第2データ生成ステップで生成された第2データと、認証パラメータを算出する際に用いられた第2データとを照合し、これらが同一である場合には第3データの著者を認証する第2データ照合ステップとを具える。このシステムでは、図Aの認証パラメータの算出と、図Bの画像の著者認証を行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 従来行われているような著作データに署名を埋め込む手法とは異なり、第4データを生成するための第1データを保持するので、第3データすなわち著作データがそのままユーザに配布される。このように画像の構造を利用して第4データすなわち署名データを生成しているので、著作データに署名を埋め込む必要がなくなり、その結果、提供されるデータの品質を下げることなく著者の認証を行うことができる。また、圧縮や平滑化に対する耐性が、従来行われているような著作画像に署名を埋め込む手法よりも高くなる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT