立体ディスプレイシステム

開放特許情報番号
L2009003968
開放特許情報登録日
2009/6/5
最新更新日
2015/8/20

基本情報

出願番号 特願2007-261524
出願日 2007/10/5
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2009-092786
公開日 2009/4/30
登録番号 特許第4845135号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 立体ディスプレイシステム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 立体ディスプレイシステム
目的 特殊な眼鏡を用いることなく任意の方向から複数人により観察可能であり、表現力が高くかつ視覚的および触覚的な物体の存在感を得ることが可能な立体画像を提示する立体ディスプレイシステムを提供する。
効果 特殊な眼鏡を用いることなく任意の方向から複数人により観察可能であり、表現力が高くかつ視覚的および触覚的な物体の存在感を得ることが可能な立体画像を提供できる。
技術概要
図1は立体ディスプレイシステムの構成を示す模式図、図2は図1の立体ディスプレイシステムを構成する1つの立体ディスプレイを示す模式的外観図、である。図1に示すように、立体ディスプレイシステムは、複数の立体ディスプレイ1、サーバ5および外部記憶装置6により構成される。サーバ5は、例えばパーソナルコンピュータからなる。外部記憶装置6は、例えばハードディスク、メモリカード等からなる。複数の立体ディスプレイ1が接続可能に構成されている。複数の立体ディスプレイ1の接続状態を示す接続情報がサーバ5に送信される。外部記憶装置6には複数の立体ディスプレイ1に立体画像を提示するための立体形状データが記憶される。サーバ5は外部記憶装置6に記憶される立体形状データを各立体ディスプレイ1に送信する。また、サーバ5は接続情報に基づいて各立体ディスプレイ1の担当領域を決定し、決定された担当領域を各立体ディスプレイ1に送信する。それにより、複数の立体ディスプレイ1により1つの立体画像が提示される。図3、図4は立体ディスプレイシステムの動作を説明するための図である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT