水素処理により合金の結晶粒を微細化する方法

開放特許情報番号
L2009003897
開放特許情報登録日
2009/5/29
最新更新日
2009/5/29

基本情報

出願番号 特願2006-512039
出願日 2005/3/25
出願人 株式会社 東北テクノアーチ
公開番号 WO2005/098071
公開日 2005/10/20
発明の名称 水素処理により合金の結晶粒を微細化する方法
技術分野 金属材料
機能 加熱・冷却
適用製品 冷間圧延、再結晶、ECAP法、液体急冷法
目的 水素との親和力の弱い元素を主とした合金に、水素との親和力の強い元素を含有せしめて、結晶粒微細化効果を発揮せしめる技術の提供。
効果 本技術によれば、水素との親和力が弱い元素を主たる成分とする合金に対して、水素を吸放出させることで、従来の方法では不可能とされていた数10nm〜1μmの結晶粒を達成できる画期的な方法を提供できる。
技術概要
この技術は、水素との親和力の弱い元素を主たる構成要素とする合金であって且つ水素との親和力の強い元素を含有させてある合金に対して、合金を0℃〜0.8T↓Mの温度範囲(T↓Mは、絶対温度で表される金属または合金の融点を表す)で水素を吸蔵させ、次に0℃〜0.8T↓Mの温度範囲で水素を放出させることを含む、水素を吸放出させる熱処理を行う。水素の吸放出熱処理が適用可能な合金系として、水素との親和力の弱い元素としては、Cr、Mn、Fe、Co、Niに代表される元素の周期表6〜10族元素(但し、Pd以外の元素)および、Cu、Ag、Au、Zn、Alに代表される元素の周期表11〜15族元素から選択された元素の範囲を含有する合金を主とする。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT