液体金属液面からの粒子巻き込みを制御する液体金属の電磁攪拌装置

開放特許情報番号
L2009003838
開放特許情報登録日
2009/5/29
最新更新日
2009/5/29

基本情報

出願番号 特願2007-241150
出願日 2007/9/18
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 特開2009-074103
公開日 2009/4/9
発明の名称 液体金属液面からの粒子巻き込みを制御する液体金属の電磁攪拌装置
技術分野 金属材料
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 固体精練剤、スラグ滴、フラックス、金属酸化物
目的 液体金属の液面から粒子を効率よく巻き込んだり、あるいは逆に、液面からの粒子の巻き込みを防止しつつ液体金属内部に攪拌を印加することができる液体金属の電磁撹拌装置の提供。
効果 本技術によれば、液体金属の液面から粒子を効率よく巻き込んだり、あるいは逆に、液面からの粒子の巻き込みを防止しつつ液体金属内部に攪拌を印加することが可能になる。これらの攪拌方法は、運転中であっても随時変更可能であり、粒子を含む液体金属の攪拌プロセスの様々な要求に対応することが可能である。
技術概要
この技術では、液体金属用の容器と、容器の外側に設けた垂直移動磁界発生用コイルと、垂直移動磁界発生用コイルのさらに外側に設けた回転移動磁界発生用コイルとを有し、垂直移動磁界発生用コイルと、回転移動磁界発生用コイルとは、その電流をそれぞれ独立に制御でき、垂直方向電磁力と回転方向電磁力とを単独もしくは同時に印加可能である。そして、垂直移動磁界発生用コイルの結線を変更することにより、垂直移動磁界の移動する方向を上向きまたは下向きに変更し、垂直方向の電磁力の向きを制御可能であり、回転移動磁界攪拌および下方向垂直移動磁界攪拌を同時に加えることにより、液体金属の液面を静穏かつ平坦に保ち、液体金属液面の粒子を液体金属内に巻き込むことなく攪拌を加えることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT