超高精度光位相同期システム

開放特許情報番号
L2009003811
開放特許情報登録日
2009/5/29
最新更新日
2012/7/27

基本情報

出願番号 特願2007-086147
出願日 2007/3/29
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 特開2008-244369
公開日 2008/10/9
登録番号 特許第4956749号
特許権者 国立大学法人東北大学
発明の名称 超高精度光位相同期システム
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 コヒーレント光通信システム
目的 線幅10Hz以下の狭線幅な中間周波数信号を発生させる超高精度かつ長期信頼性の高い光位相同期システムの提供。
効果 本技術によれば、10Hz以下の狭線幅な中間周波信号を実現することが可能である。例えば、本システムをコヒーレント光通信に用いることにより、光の位相と振幅とを用いた高度な多値通信の実現が可能になる。
技術概要
この技術では、送信光源と局部発振光源と負帰還制御部とを有する光位相同期システムにおいて、送信光源として位相雑音の低いファイバレーザを備え、局部発振光源として圧電素子及びLiNbO↓3光位相変調器を光周波数可変機構に用いた低位相雑音かつ高速応答可能なファイバレーザを備え、負帰還制御部として送信光源からの信号光と該局部発振光源の出力光とが入力される光位相差検出回路と、光位相差検出回路の出力信号を用いて局部発振光源の出力光の位相を制御する負帰還回路とを備え、10Hz以下の狭線幅な中間周波信号を実現する。また、送信光源として、アセチレン分子吸収線を用いた周波数基準器により発振周波数を安定化したファイバレーザを備え、高い長期信頼性を有する。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT