3次元距離計測装置

開放特許情報番号
L2009003772
開放特許情報登録日
2009/5/29
最新更新日
2009/5/29

基本情報

出願番号 特願2004-362260
出願日 2004/12/15
出願人 株式会社 東北テクノアーチ
公開番号 特開2006-170744
公開日 2006/6/29
発明の名称 3次元距離計測装置
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 パッシブ型ステレオビジョン、光切断法、位相シフト法
目的 撮影対象や撮影環境を選ばず、結果の不確実さを低減し、連続検出を可能とした上で、計測時間や計測精度などを状況に応じて可変することが可能な、精細な3次元距離計測装置の提供。
効果 本技術によれば、3次元距離計測装置において、撮影対象や撮影環境を選ばず、対象に応じた計測時間、計測精度などの条件を可変して、連続的により確実な距離計測が可能となる。
技術概要
この技術では、光源装置は光の明暗縞を投影する。この縞は明るさが連続的に変化する縞であり、対象に縞状の明暗模様を生じさせる。また、この縞は時間の経過とともに、移動する。縞の移動とともに、照明されている対象上の任意の点の輝度も変化する。縞はある周期を持っており、対象上の点の輝度も周期的に変化する。これをカメラで撮影する。光源装置はカメラの撮像と同期するように光源制御装置によって制御されており、これが持つ基準位相と、撮影された映像をもとに、位相検出装置が、映像上の各点ごとの輝度の変化が、基準位相からどれだけ進退しているかを検出する。この位相を、距離変換装置において距離に変換する。一方、撮影した映像は映像平均化装置において、平均化され、縞の無い通常の画像に変換される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT