フルオラス性を利用した回収容易なアミン類

開放特許情報番号
L2009003731
開放特許情報登録日
2009/5/22
最新更新日
2012/1/6

基本情報

出願番号 特願2003-021896
出願日 2003/1/30
出願人 財団法人野口研究所
公開番号 特開2004-231568
公開日 2004/8/19
登録番号 特許第4224315号
特許権者 公益財団法人野口研究所
発明の名称 フルオラス性を利用した回収容易なアミン類
技術分野 化学・薬品
機能 環境・リサイクル対策、材料・素材の製造
適用製品 有機合成化学。有機合成用試薬
目的 精密有機合成において不可欠なリチウムジイソプロピルアミド発生剤である2級アミンのジイソプロピルアミンを代替し得る、フルオラス溶媒で回収が容易なアミン類を提供する。
効果 ファインチューニングされたアミンの回収・再利用が容易となり、工業化が実現できる。また、新たに立体選択的反応性が付け加わることにより、合成用試薬としても有望である。
技術概要
 
式(I)で表されるアミン類。 Rfn-C6H6-CHCH3-NH-CHCH3-R(Rはメチル基または-C6H6-Rf'm) (1) 式(II)で表されるアミン類。 Rf-C6H6-CHCH3-NH-CHCH3-CH3 (II)
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT