癌(特に食道癌)の早期診断が可能なMyc標的遺伝子mimitin

開放特許情報番号
L2009003720
開放特許情報登録日
2009/5/22
最新更新日
2009/5/29

基本情報

出願番号 特願2006-513643
出願日 2005/5/17
出願人 学校法人 久留米大学
公開番号 WO2005/111213
公開日 2005/11/24
発明の名称 Myc標的遺伝子mimitin
技術分野 化学・薬品
機能 検査・検出
適用製品 新規癌抑制抗体、癌抑制医薬組成物並びに癌診断薬
目的 新規な癌関連遺伝子を提供し、新規癌抑制抗体、癌抑制医薬組成物並びに癌診断薬を提供すると共に、癌阻害物質のスクリーニング方法を提供する。
効果 代表的な前癌遺伝子の一つであるmycファミリーが発現上昇する遺伝子mimitinを発見し、当該遺伝子がコードするタンパク質も見出した。本遺伝子は癌増殖細胞中に顕著に出現し、特に食道癌に対して特異的である。  本遺伝子がコードするタンパクを基に、抗体の提供や、阻害物質の創生、またsiRNAによる遺伝子治療が可能となる。また見出した新規タンパクマーカーにより癌(特に食道癌)の早期診断が可能となり、癌診断薬開発に有用となった。
技術概要
mycは代表的な前がん遺伝子であり細胞増殖コントロールに重要な役割を持っている。c−myc遺伝子がコードする蛋白質c−Mycは転写因子であるが、c−Mycを発現調節(活性化)する遺伝子(Myc標的遺伝子)の機能を解明するのに十分なMyc標的遺伝子が未だ同定されていなかった。 本発明では細胞増殖に極めて重要な役割を果たす、Mycの標的遺伝子であるmimitin及びmimitinがコードするタンパクMimitinを見出した。 これを基に、Mycに対する抗体の作成、また食道癌におけるmimitinの発現解析を行い、食道癌との相関を見出すとともに、新たな診断方法を見出した。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 久留米大学

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】  アメリカ合衆国、欧州特許庁
Copyright © 2017 INPIT